banner

余っている土地が有ったら土地活用を

土地と言えば、今使うべきところもありますが、そうではなくてなかなか使う機会がない所も少なくありません。
とはいえ、所有していれば毎年税金を払う必要が有り、そのまま空地にしておくのはかなりもったいない事です。
そこでお勧めするのが土地活用をするという事になります。
とは言っても、土地活用と言えば広大な敷地が必要だと思う人はいませんか。
例えばマンション経営をする為にはある程度の土地が必要だとか、そういうイメージがあるかもしれません。
しかし実はそれ程広くなくても勿論それを行う事は出来ます。
例えば、車が3台程度止める事が出来る位の土地が余っているとしましょう。
勿論家を建てたりする事はなかなか難しいのですが、それ以外にも使い道は有ります。
それが駐車場経営です。
これであれば、それほど広い土地を必要とはしません。
土地活用はその土地の広さによって様々な使い方があります。
もしそれをしてみようとお考えの方がいらっしゃったら、まずは広さに合う使い方を検討してみてはいかがでしょうか。

土地活用についてのこと

土地活用をするための方法としてはさまざまありますが、賃貸住宅を建てるという方法も一つあります。
入居者が見込めるような場所であるならば、定期的な家賃収入ももらえますし将来的な収入があると安心感もあるでしょう。
土地活用といっても、広大な敷地を持っている人だけが対象ではありません。
60坪以下といった敷地の場合も半数以上あります。
活用法がなくそのまま放置といった土地も少なくありません。
そのような土地を所有していて困っているならば、土地活用の専門家に相談するということも有益な方法の一つです。
多くの土地の活用を手掛けているので事例が多く、さまざまな方法を知っているので安心感があります。
しかし、建てるとなるとそれなりの資金が必要となってきます。
その資金はどうするのか、ローンを組むのかといったことも考えていかなければなりません。
ローンを組むのならば返済していけるのかはよく考えてから決めるようにしましょう。
家賃収入のみの計算でローンを返却していくのは危険も大きいです。
実際建てる土地の周りの空室状況や新築賃貸物件などの情報を調べるようにしましょう。
空室率が高い場合や周りにも賃貸物件が多い場合などは、実際に建てても入居者があらわれるのに苦労するかもしれません。
入居者がいない間は、その部屋は家賃が入ってこないので、ローンの足りない部分は自腹で出していくしかありません。
そのような危険性があるということも含めて、別のプロの意見も聞いた方がいいかもしれません。

check

フランチャイズ まつげエクステ

六本木 ネイル

インプラント 鎌倉

万華鏡とオルゴールの店「癒し館」

物干し

2014/12/17 更新

Copyright © あなたの土地の活用法 All Rights Reserved.